Pages

家庭教師の契約形態


自宅で子供がのんびりと受験に向けて、もしくは学校の授業の復習をしたい時、家庭教師を依頼したいと検討する家庭もあります。 しかし家庭教師の契約形態は様々で、間違えてしまうと子供へ負担をかけたり、家計へのダメージも大きくなってしまいます。 そこで家庭教師の契約に関して、ある程度調査をしておく必要もあります。 大別すると3つのタイプに分かれますが、まずは個人契約です。 これはとにかく家庭教師を雇いたい時に費用を抑えていこうと考えている時には向いています。


大半の家庭教師は専属のセンターがありますが、これを通さないため安上がりとなります。 個人契約で見つけていこうとする時は、知人や親戚からの紹介もしくはサイト上で依頼をする方法があります。 しかし知人なので辞める際に断りづらくなってしまったり、講師の当たり外れは保証されていません。


次に仲介契約ですが、家庭教師が在籍するセンターを介して派遣してもらいます。 仲介なので依頼する時には料金を納めていき、一定期間授業を行ってもらいます。金額は個人契約よりも高くなり、一部は家庭教師の報酬となります。 メリットとして面接や適正審査で学力を保証していて、研修なども行っていますので指導力も十分です。金銭面や学習面でトラブル防止にはなりますが、見極めが必要となります。


最後にチケット制ですが、これは指導を行ってもらう回数分チケットを事前に購入して、その分だけ授業を受けるというものです。途中で契約を辞めた時は、残った分のチケットを引き取ってもらうこともできます。 しかしまとめ買いなので、負担額は大きくなることもあります。


○家庭教師関連
全身脱毛施術を受けることが出来る脱毛エステを紹介しています ・・・ 家庭教師 大手